ヘッダー用画像1
 研究テーマ ホーム
 ホーム > 研究テーマ

研究テーマ「主体的・対話的な生き方を探求する生徒の育成」
〜ほめ,認引き出す授業を通して 〜

 

 生徒一人一人が自分に自信を持ち,新たなことや困難なことも挑戦しようとする意欲を高めることは,これからの社会における個人の役割や責任に対する自覚を育み,社会への参画を高める上で重要な課題である。この課題を解決するために,本校では「自尊感情」を高めるための指導の充実・改善が必要であると考え,研究を進めてきた。また、その研究成果を踏まえ、できる限り継続した取り組みを進め、相浦中学校学びのスタイルを固めていった。年2回の全教科についての授業アンケートやi-checkによる生徒の実態を把握することにより,授業改善の視点が明確になり,年間30回に及ぶ研究授業を通して個々の授業の改善を図り,指導力の向上と学力向上,ひいては自らの生き方を探求する生徒の育成につながるという流れのもと本研究の実践に励んできた。

 新学習指導要領の趣旨をかんがみ、主体的・対話的で深い学びが出来るよう研究を進めていくものである。

  ▲ページの先頭へ   

ホーム