ヘッダー
 3年 戻る   ホーム
 ホーム > 3年 > 人権集会が行われました!

人権集会が行われました!

最終更新日 [2017年12月6日]  

12月1日(金)に人権集会が行われました。
人権とは、「人種や民族、性別を超えて、誰にでも認められる基本的な権利であり、私たちが幸せに生きるためのもの」だと人権教育啓発推進センターは伝えています。そのような人権を大切にしよう、もう一度見つめなおそうという取り組みの一つが、この人権集会です。

まずは、「1,2,3イェーイ!」ゲームをしました。数字の分、相手と手のひらを合わせ手拍子を打つというルールです。なかなか言葉で説明するのは難しいですので、ご家庭でぜひお話されてください。

次に校長先生からのお話がありました。

あるケーキ屋さんでのお話。ケースの前でおばあさんが「これをください」と指をさして注文をした。
店員さんからの角度では、正確にどのケーキを注文されたか分からなかったようで、商品名を言ってもらうよう、おばあさんにお願いした。
するとおばあさんは、最初に指さしていたケーキを頼まず、ケースの上に置いてあったお菓子の箱を指さし、これをくださいと頼んだ。

この様子を見ていた校長先生は、なぜ初めに指さしていたケーキを頼まなかったのか不思議に思い考えた。
いざ、自分がケーキを買うために列の前に行くと、ケースの中の商品名がとても小さく表示されていることに気づく。

おばあさんは、商品名が見えず、答えられなかったため、ケースの上に置いてあるお菓子の箱を買ったのではないだろうかと考えた。


そこで校長先生は、「なぜもう少し商品名の表示を大きくしないのか」という店側への気持ちと共に、「あの場で私が声をかけることが出来ていたら、おばあさんは自分が食べたいケーキを食べることができたのではないか」という思いがこみ上げてきたというお話でした。


「自分には何ができるのか、人のためにできることはないか」こう考えることも人権を大切にすることに繋がるのだと感じました。

その後は、委員会の子どもたちによる詩の読み聞かせがありました。詩の読み聞かせが終わると、「ともだちになるために」を手話付きで、全校で歌いました。

人権について考えることのできた充実した集会でした。
ご家庭でもぜひお話をされてください。
詩の読み聞かせ
(ファイルサイズ:935.3キロバイト)
ともだちになるために
(ファイルサイズ:1529.0キロバイト)

a
(ファイルサイズ:1286.1キロバイト)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Reader(R)が必要です。
 右の「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
  ▲ページの先頭へ   

戻る   ホーム