宮小タイトルバナー
 長競石(ながきそいし) ホーム
 ホーム > 長競石(ながきそいし)

長競石(ながきそいし)
 
 長競石は宮小学校の近くにあります。長競石は別名、カッパ石、石仏とも言います。この長競石は、

宮村の地頭宮村通定の息子である「悪四郎」(あくしろう)が、武勇に優れていたことを物語るものだ

と言われています。石は高さ8尺(2,57m)横3尺4寸(1,03m)もあります。その石を悪四郎は

わきにはさんで、遠い山から、宮小学校の近くまで持って来たそうです。じつは、悪四郎の「悪」という

のは強いという意味があり、悪四郎が家臣に強いことを示すためにしたそうですが、家臣(かしん)の

反乱で、萩坂の館を守って防ぎましたが破れて、高野で討ち死にしました。
 
 また、カッパ石と呼ばれるようになったのは、その昔、宮村川にカッパがたくさん住んでいて、子ども

たちを川に引っ張り込んでイタズラをしていたそうです。困った村の人達が水神様にお願いして、カッパ

にイタズラができないように、「この石がくさるまで食べない。」と約束をさせました。カッパは水神様との

約束を守り、イタズラをしなくなりました。そして今も時々石がくさっていないか見に来ているそうです。
 
 私が調べて思ったことは、石ってくさるのかなぁと、思いました。だから、カッパはだまされたんだろうな

と思いました。でも、カッパがいなくなってよかったです。

 

☆紹介文は、宮小学校文化クラブのメンバーが作成したものです。

  ▲ページの先頭へ   

ホーム