宮小タイトルバナー
 鬼塚古墳 ホーム
 ホーム > 鬼塚古墳

鬼塚古墳

 

 長畑町から宮津町のバス道路を進み峠を越すと、左手に「鬼塚古墳入口」という看板があります。

そこから100mほど歩くと、ミカン畑の中に半円球の丘が見えます。ただ、周りが木々で覆われれて

いるので、よく見ながら歩かないと見つかりません。

 

 鬼塚古墳は、佐世保に現存する唯一の完全な古墳で、南北に直径17.5m、東西に15,5mの

円墳です。頂上には、祠(ほこら)が祀ってあります。古代部族国家の長(小さい国の王様)の墓と

言われています。この辺りを支配していた速来津姫(はやくつひめ)の墓だと言う人もいますが、わ

からないそうです。でも相当身分の高い人のものには間違いありません。平成10年に佐世保市

教育委員会が発掘されたそうですが、何も出土しなかったそうです。

 

 鬼塚古墳は、宮津の山の中にあって、普通は見えないので、私が住んでいる宮津にこんな大きな

古墳があるということを初めて知りました。他にも私たちが知らないけど宮に関するものがたくさん

あると思うのでもっと知りたいなと思いました。

 

☆紹介文は、宮小学校文化クラブのメンバーが作成したものです。

  ▲ページの先頭へ   

ホーム