宮小タイトルバナー
 教育方針・教育目標 ホーム
 ホーム > 教育方針・教育目標

平成29年度 学校経営の重点

 

1 確かな学力の育成・・・「わかる授業」の追究を前提として

  ◇学力調査・検査等において、A:全国、B:県を上回る。
  (1)学習規律の共通実践

    ◇宮小授業の3つのスタンダード(机上の統一、めあてとまとめの板書、対面)の完全実施

    ◇「みやっ子のてびき」「みやっ子の学び」の完全実施
 
(2)言語活動の充実と学び合う授業づくり

    *「読ませる」「書かせる」「聞かせる」「話(説明)させる」を通した思考力、表現力の育成

    *交流、学び合い、話し合い、振り返りの記入等、意図的な言語活動が設定された授業づくり

 (3)ユニバーサルデザインの視点を生かした授業・教室環境づくり

     *特別な支援が必要な児童に対する手立ては学力不振児の支援にも有効

    *特別支援教育の充実・・・コーディネーターと連携し、困り感の緩和や自己肯定感へ 

 (4)スキルタイムの効果的な運用

        *計画の充実(どんな力を補完・強化するのか、それに応じた課題と評価、量の配列等)

 (5)読書活動の充実

    *手元(図書バック、机の中)にいつでも読みかけの本を

    ◇年間の1人あたりの読書冊数 全校平均・・・130冊

 (6)家庭学習の習慣化

    ◇宿題の提出100%

    *量・内容の系統性を吟味し、共通実践・保護者啓発へ

    ◆発達段階に応じた自学のモデルに学ばせながら、自学力を高める。

    *実態把握を行い、適切な学習時間の確保を図る。

 (7)ICTの効果的活用

    *「学力向上に資する・・・」拠点校として、ICTを活用すれば学力が向上するなどという誤解

     (幻想)をまず我々が否定するところから。学力向上は授業力に大きく規定されるとの前提

     にたつことと、ICTを必要に応じて有効に使いこなすことも、今後の授業力に求められていく

     ことを示していきたい。                           

    *ICT機器の普段使いに「こんな使い方は?」という+αの工夫改善をコーディネーターと連

     携して。

 (8)生徒指導・学級づくりと授業づくりは表裏一体・・・よい授業のある教室には、いじめは発生し

    にくい。

    ◇支持的風土づくり

    *秩序も、自己存在感も、温かい人間関係もない教室に、優れた実践は生まれない。

    *「わかった」「できた」の成功体験の共有→自信、自己肯定感、学習意欲

 (9)教師の学び合いによる資質の向上

    *子どものために、そして自分のために、よいものはよいと謙虚に貪欲に。

 

2 豊の心の育成

 (1)児童理解・生徒指導の充実

    *師弟同行

 (2)道徳の時間の充実

    *確実な実施

    *教科化に向けた準備

 (3)規範意識の育成

    *全教育活動を通じて「マモルを守る」を意識した指導を

    *TPO(時、場所、場合)に応じた言葉や態度の具体的な指導を→判断力向上へ

 (4)◇あいさつ・返事の校内外における徹底

 (5)清掃・当番・係・委員会活動の充実

    ◇無言で懸命に取り組む清掃活動の定着

 (6)人権・平和教育の充実

 (7)特別活動の充実・・・望ましい集団の一員としての成長を促すとともに自主・創造の精神の伸長を

    *集会・縦割り活動の充実

 (8)豊かな体験活動の実践

 (9)情操を育てる環境づくり

    ◇ロッカー等整理の仕方のレイアウトの指定及び保持。

    *美性・教育性・安全性の3観点での整備・充実。

    *言語環境の整備・充実・・・豊かな心は豊かな言葉から育つ。

    *教師の存在は、幾多のメッセージを発している身近な人的環境である。

 

3 心身を育てる健康・安全教育

   ◇長欠(年間30日以上)児童0  ◇名札忘れ0(週の半分以上)

 (1)◇「宮小よい子の1日」「宮小よい子のきまり」の共通実践による指導徹底

 (2)「指導」による実践的態度・能力の育成

    ◇廊下・階段の安全歩行(はさみ歩き)の完全定着

    ◇早寝、早起き、朝ごはんを中心とした基本的生活習慣の確立

    *登下校を中心とした安全指導の充実

    *交通安全、生活安全指導の徹底・・・5つの安全「人・車・火・水・金」

 (3)教育診断的・条件整備的「管理」の充実

 (4)食育の推進・給食指導の共通実践

 (5)保健・衛生指導の充実

 (6)進んで運動に取り組む児童の育成

 

4 信頼される学校づくり・地域との連携

 (1)つながりを深める情報発信

   *各種たより(学校・学級・保健等)、HPの充実

 (2)保護者と同じ方向で児童を見つめるために

   *訪問・電話・連絡帳・面談・懇談会等・・・機を逃さず、適切な手段で

 (3)美しい学校づくり

   *整理整頓・花いっぱい・かかとがそろった靴箱・スリッパが並んだトイレ

 (4)学校の安心安全の充実

   *ぶじかえるおたすけ隊との連携等

 (5)地域の環境や人材・教育力の活用

 (6)特別支援教育の充実

   *啓発、教育相談活動の充実

 (7)保幼小中連携の充実

 (8)地域行事、PTA行事への参加促進

 (9)ココロねっこ推進会議・学校評価を生かした学校改善   凡事徹底 一致団結

  

  

  ▲ページの先頭へ   

ホーム